SSブログ

LaLa 1月号 [少女マンガ]

 11月24日発売。好みの作品は、定番シリーズの3本です。

夏目友人帳/緑川ゆき
連載。偽りの友人の章 前編。
 ある日、夏目の元に、柴田という小学生の頃の同級生が訪ねてきた。昔の知り合いに、いい印象が持てない夏目は、警戒するが、その目的は、妖絡みの頼み事とわかり……。
 妖が見えると言っても、人との区別が付かないようなので、人に化けた妖は、夏目でも不得意な分野と言えそうですし、仕方ないのかも知れませんが、最初に、柴田の頼み事を、的確な判断ができなかったのが、問題を大きくしてしまったようで、悔やまれますね。

キスよりも早く/田中メカ
連載31話。 一馬が高校生の頃のエピソード。当時、クールな性格で、荒れていた一馬だが、一人、熱心に面倒を見てくれる先生がいた。前田という英語教師で、人懐っこく、本心からの親身な言動に心を動かされて行く……。
 教師としての一馬は、理想のモデルがいたと言う事がはっきりしました。確かに、前田という先生の言動とそっくりですが、演じているわけではないと言うのもわかりますし、なかなかいい話でした。

純愛ラビリンス/なかじ有紀
連載8話。 風邪をひいて、楽しみにしていた文化祭の参加が危ぶまれた羽美だが、文化祭、当日、何とか完治して、クラスの出しものや祭りの雰囲気を楽しんでいた。一方、文化祭のゲストとして、ステージで歌を披露することになった美斗は、時間まで、羽美と一緒に、校内を見て回るが……。
 澪の黒猫のコスプレも魅力的ですが、羽美のうさぎも、かなり破壊力がありますね。美斗もしばらく固まっていましたし……。可愛いシーンが満載で、楽しませてもらいました。とりあえず、今回は、色々な問題も小休止という感じですね。


夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))

夏目友人帳 (1) (花とゆめCOMICS (2842))

  • 作者: 緑川 ゆき
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2005/10/05
  • メディア: コミック



キスよりも早く 6 (花とゆめCOMICS)

キスよりも早く 6 (花とゆめCOMICS)

  • 作者: 田中 メカ
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2009/11/05
  • メディア: コミック



純愛ラビリンス 1 (花とゆめCOMICS)

純愛ラビリンス 1 (花とゆめCOMICS)

  • 作者: なかじ 有紀
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2009/12/04
  • メディア: コミック



LaLa (ララ) 2010年 01月号 [雑誌]

LaLa (ララ) 2010年 01月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2009/11/24
  • メディア: 雑誌



nice!(36)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 36

コメント 4

kumako

はじめまして!
niceありがとうございました♪

夏目は単行本で集めてますが、連載の方も面白そうですね!
早く単行本にならないかな~。

田中メカさんも結構好きです☆
by kumako (2010-04-12 22:28) 

かのつ

夏目友人帳の何とも言えないストーリーは大好きです。
本誌連載の方は読んでませんでしたが、気になりますね〜。
なかなか手に取ってレジまで行く勇気が出ないので読めないのですが・・・。
なかじ有紀先生の作品は昔から好きだから 今度買ってこようかと思いました。
良い情報ありがとうございます。

by かのつ (2010-04-13 00:52) 

「直chan」

kumakoさん>
 はじめまして
 コメントありがとうございます。^^
 夏目友人帳は、夏目が人との関わりを深めて行くにつれ、重い展開になるようで、最近のエピソードは、ちょっと苦手気味ですね。田中メカさんの作品は、元気なヒロインが売りと言えそうですね。
 
by 「直chan」 (2010-04-16 00:00) 

「直chan」

かのつさん>
 コメントありがとうございます。
 夏目友人帳は、優しさと切なさに心を動かされ、かなり思い入れの強い作品ですが、人との関わりが深まってから、やや雰囲気が変わってきたように思います。なかじ有紀さんの作品は、絵柄がどんどん可愛くなっていますので、ヒロインを眺めているだけでも楽しめそうです。
by 「直chan」 (2010-04-16 00:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0